プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
今回は、親方不在で雨模様で行く気がない年寄りばかりで、獲れたら引き出しに行くと優しい言葉だけ頂きました(苦笑)何も気にせず自分のペースで、犬を引けるので楽しみでした。
前夜に日曜日の逆パターンで、掛ける場所を考えワクワクでした。早朝から降り続いた雨も7時過ぎには、止み期待感も上がります(o^^o)畑仕事している方に声かけ情報収集します。箱罠に大きな猪が入ったとか今朝の鹿が歩いていたと色々と教えてくれました。猪が罠に入った山は、飛ばして喰み跡を、探しますが期待した山になく鹿の跡ばかりです。今年は鹿の数が随分増えました。
喰みを幾つか見つけ新しそうな場所から寝屋山を、推測し逃げる方向に車を止めて反対側から山に入ると、ものの5分ほどで起こし50~70m先で止めてます。クリも啼いているので猪です。雑木林の小生えの中で先が見にくい状況で、もう少しというところで、走られまた、同じような距離で止まり跳ばれてしまいました(+_+)
一度、足元に戻ったあとサツマが際出しを横に反対側に走り出し、啼き出し一気に下り出しました。その後、クリも追いつき車を止めた横を抜け県境を越えて植林を下ります。僕から200m辺りでクリは引き返して来ましたがサツマはいつもなら、150mも追いかければ戻ってくるハズなのに、ずっと後についているようです。恐らく鹿が止まっては走りを繰り返しているんでしょう。
結局、ロストしてしまい声を頼りに峠を下ったり登ったりを繰り返してようやく見つけたのが山の中腹より下の道の無い所を走っていました。
その途中で、携帯に親方から連絡が入り自分の括り罠に大きな猪が掛かったので、「Sさんがそちらに向かうから12時30分に罠の所に行ってくれ」と言われました。
状況を、説明しそれどころではないと告げ電話を切りそれから30分程した所で、サツマが戻り車に載せました。告げられた時間まで30分ほどです。今日は、犬と遊べると楽しみにしてたのに嫌な電話に出てしまいました。
結局、次の山を掛けましたが鹿しか居らず時間を見ると小一時間ほど、予定より遅れてましたが呼び出されたSさんが気になり、山を降りました。親方の地元の友人とSさんが待っており既に、腹を出した状態で積めるの
は、僕の軽トラしかなく親方の自宅まで行く事に、Sさんは、「後は任した」と言いますが、水桶に一人で80kg
級の猪を入れられないと言うと親方が帰って来ない事を知らなかったようで、仕方なくついて来てもらい二人で猪を洗い水に浸けていると、電話がなり剥けるか?と聞かれたので、無理だと告げ早々に帰って来ました。
去年、親方の旧知の友人でもあるNさんと親方が、揉めました。あの時、Nさんが言っていた事が、少し解った気がします。
遊びに、お金や肉の事をグループをまとめる者が執着するとどうなるか、よく判りました。

山を掛けてる途中で、クリとサツマをリードを着けた時の目が「何で?まだ途中やのに?」と言っているように見えせつなかったです。
2012/11/26(月) 23:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年は、出猟直前まで自分の用事は何も出来なく前の晩にようやく、弾を詰め、電子機器の充電や積み荷の用意等、支度を全て整えた状態でした。バタバタすると、必ず忘れ物があるので、いつも以上に慌てないように心がけて出猟したいと思います。
出猟前日の晩に、親方に参加出来る事を伝えて見切る場所の指示を受けます。毎年、同じ地区の山をしますがここ数年は、地区の中でも追い山の範囲が狭くなってきました。見切る目が、たくさんあるのに勿体ない感じがします。
時間が取れず、犬のランニングも猟期1カ月前からようやく週一で、走らせましたが、体力が戻ったのは猟期一週間前でした(汗)来年度からは、犬のストレス解消にももう少し走らせてやらないと可哀相と、早くも反省です(苦笑)
今回は、クリと産後のサツマを連れて出猟しました。3ラウンド掛けましたが空山ばかりで、鹿に翻弄される結果です(泣)
この時期の猪の動き方が、変わったようです。解決策はあっても、グループ猟ですから中々、試せないですからいつもの場所に猪が入るまで、待たないといけないでしょうね。
見切れるのに、本当に勿体ない環境になりました。山も隊も過渡期にさしかかったのかも知れないですね。

2012/11/19(月) 19:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
初猟に使うのにまだ、用意できてませんでした(汗)
今日、何時もより早く帰宅出来たのでこの間、試射した装薬量で作成しました。火薬メーカー推奨の減装弾仕様のグレン数量です。
データーブックを、見ていると銃身長が、異なりますが概ね、30-39のハンドロード弾に近い数値が出ていますから、良い感じではないでしょうか。今季のテスト項目は「最小限の貫通力」と「エクスパンション」です。
弾頭を二種類に絞り、使ってみる事にしました。精度は、ほぼ同じすが全長が異なります。C.O.O.Lよりも抜弾時の抵抗を同じにし、少しでも初速を同じにするように作ってみました。
さて、結果はいかに。。。
NCM_0097.jpg

2012/11/18(日) 00:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日曜日に、射撃会に参加してきました。去年は、更新時講習射撃で何度か練習しましたがその後、ミニ30の返納で入れ替える銃選びや自身の許可申請の受理が遅れ、予定より2ヵ月遅れの初射撃会です。
この間の試射で、スコープのアイリリーフが合わずベースとマウントを交換したので少し早く射場に到着し、調整しました。火薬の量もこないだより10グレン落としギリギリの量にしたら、少しバラつき圧力が低く過ぎる傾向でしたね。50mで僕の腕前なら1グレン程度ならさして集弾率の誤差か腕前なのか、怪しいですがここまで減らすと良く解りました(笑)リコイルも弾頭重量を変更しないで、薬量を変更しても気にならないのも体感出来たので、それなりに収穫です。
ふと、ゴミ箱を覗くと308の薬莢が捨ててあったので、頂きました(^_^)ゞこちらも収穫です(苦笑)
暑い時期なのか参加者で、少なくライフルは、5人でした。知った顔の方ばかりで、久しぶりと違うの?と次から次に言われました。(^^;)講習射撃の的紙を使い立射で20発の競技です。結果は当然ビリでした。悪いところだらけで、一応紙には全弾収まってますが、銃身で獲物が催眠術にかかるくらいに グルグル揺れているので、集弾が偏る事もなくムチャクチャですね(泣)皆には、的紙がもったいないので全面使ったと、黒点狙うより的紙と板のギリギリを撃ち抜く方が難しいと言い訳しておきました(汗)
主催進行の方が、かき氷を用意してくれ暑さも和らぎ楽しい会でした。最後に射場からのご好意で弾頭やアクセサリーのジャンケン大会もあり、ちゃっかりゲットさせて頂き、気分的にたまにしか来ないのは気まずくなって来ましすがともあれ、収穫の多い1日で楽しかったです。

2012/08/29(水) 21:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
火薬所持許可証の期限も近づき、ようやく購入に至りました(汗)
HODGDON H4895 にしました。IMRにも同様のナンバーの火薬が存在しますがこちらは、メーカーから減装弾のレシピがあるのはこの火薬だけです。お子ちゃま用のハンドロード弾です(笑)

こちらをクリックして下さい。

60%ルールを他の火薬に適用したり、散弾火薬を上手く利用し減装弾をハンドロードされている方もおられますが、僕はライフルど素人ですから解る範囲でしか減装弾は、作るつもりはありません。(苦笑)
集弾率は、悪くなるでしょうが僕の猟方なら、50mで手のひらくらいなら合格です。
ブローニングBLR豆鉄砲仕様です。(^^ゞ
2012/07/30(月) 20:51 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-