プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
ある猟友会支部での出来事です。
支部長宅に役所の人が、籠に入った猿を持って来て駆除して欲しいと言うそうです。猿が、農作物を荒らすので、農家の要請で役所が小さな檻をかけ、捕獲したらしく猿の駆除を、依頼した農家が始末を嫌がり役所で後始末を頼まれたのを、困って持って来たのが事の次第です。
話しを聞いた勢子長が、役所の人に「前に用水路が、あるから3分くらいつけとけよ」と言うと、「そんな事は出来ない」と言い始末を頼み込むので、呆れた支部長が仕方なく檻を置いていく様に言うとそそくさと帰った後、扉を開けて猿を放したそうです。
猟をしていて、動物を殺す事に興味がる人は皆無だと思います。少なくとも僕の周りにそんな方は居てません。
猟は、魚釣り同様に、根本は、狩猟本能でそこから色々なこだわりがあって行っているものです。
駆除費はいくばくか出ていますが、自分の手を汚すのが嫌で始末を振られても困ります。
ある時、有害駆除で、銃を担いで(勿論、袋に入れてますよ)道を歩いていると新興住宅地の中年女性に「動物を殺してばかりいるとろくな死に方をしない」と罵声をかけられた人もいます。
全ての人に駆除活動に賛同してもらえるとは思っていませんが、せめて駆除を依頼する行政には、駆除活動の理由や意味を世間一般に報せて欲しいものです。
僕達は、殺生人ではありません狩猟者ですよ勘違いしないでくださいね。
スポンサーサイト
2008/02/24(日) 22:20 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

チャック : No title

こんばんは!
アホくさくてあきれてしまいますね。
私も同じように放してあげたと思います。
捕まえたあとどうするか考えておかないで
檻をかけたんですかね?

>自分の手を汚すのが嫌で始末を振られても困ります。
そういう人が目立ちますね。

Tome : No title

こんばんわ。 チャックさん。

皆、自分の手は汚したくないのが本音です。
有害駆除のあり方は、猟友会の構成員の減少に加え、駆除費用の削減で今後、さらにボランティアの様相が、濃くなってきそうな気配です。駆除費も出ないのにハンターが、集まるとは思えません。
そうなれば役所管轄で駆除すれば所員の仕事になってきますが、好きで狩猟に携わってないので所員に抵抗され結局、猟友会に回って来るのが落ちでしょうね。
堂々巡りです。(苦笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。