プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
火曜日にアメリカの大学での拳銃の乱射事件から始まり、長崎県での市長銃撃事件、三重県の遺産相続問題でも拳銃による殺害事件といずれも凶器は「拳銃」です。
アメリカはともかく、日本での拳銃所持は、一般人ではピストル競技しか所持出来ません。ピストル競技の場合は人口も決められており参加したくても推薦をもらい誰かが辞めないと参加出来ませんから警察や自衛隊関係者がほとんどのようです。
諸外国の中でも日本は、銃の所持に対して厳しい国なのに、密輸される拳銃の数は数知れずあるみたいです。
殺人事件が発生した場合でも、凶器が包丁や金属バット等の身近な物よりも、拳銃による事件の報道の方が恐怖を感じるのは、国民性なんでしょうか。銃に興味ない人には、猟銃も拳銃も区別なく「危ない物=要らない物」的な印象を持っている人も多いですから発砲事件を聞く度に悲しいですし、苦々しく思います。
銃を適正に使えば、年齢に関係なく楽しめ探求する部分が多くこんなに楽しいスポーツはないと思っています。
アメリカの様に誰もが、手軽に所持出来る環境には、疑問がありますがこのままだと銃に対する偏見も払拭されず、関係無いまともなハンターやシューターも肩身の狭い環境が、強いられます。
日本でも、密輸拳銃や改造銃の撲滅強化やシューティングスポーツ振興の分野においても一般の方に猟銃の理解を深める手立てが必要に思いますね。
スポンサーサイト
2007/04/19(木) 07:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。