プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
この間、今話題のダ・ビンチコードを読み著者のダン・ブラウンの作品に興味が湧きこの本を読みました。
フィクションですからあり得ない展開がありますが、美術品、建築物に関する知識やカトリック教会を取り巻く歴史や関係は事実に基づいた内容だそうで小説の筋書きに沿って解りやすく書いてあります。
小説の内容は宗教と科学という相対する真理を描いてあり古来、教会から迫害されて来た科学者集団から派生した暗殺集団を名乗り科学者や枢機卿を殺して復讐にみせた話しですが、最後は想像からかけ離れた結末になります。
主人公は、ダ・ビンチコードと同じ象徴学者のロバートラングドンが、17世紀に書かれた詩に気付いて謎を解いていくんですが、小説の中で彼が閉所恐怖症になった経緯等登場人物の細かい描写も書かれています。(ダ・ビンチコードでも書かれています)
上下巻で700ページ程の作品ですが、スピード感があり一気によみました(^^)

僕は、明かりのない真っ暗な山中や荒れた海や河川を目にすると、太古の自然を崇める宗教心が芽生えるのが解る気がします。自分ではどうしようもない不安な時に何かに頼りたくなるんでしょうね。
今は科学で解決する事もたくさんありますがまだ理解出来ない自然の神秘もたくさんあります。

いろんな思想や集まりでも偏った方向に向くと上手くいかないですね。




スポンサーサイト
2006/05/26(金) 20:14 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

コーチS : ダン・ブラウン

私もダヴィンチコードを読んでこの作家に興味を持ち、続いて天使と悪魔を読みました。
両方とも面白かったですね。
新しくパズルパレスという本も出ているので、それも読んでみてください。
これも面白くて一気に読めますよ。

Tome : >ダン・ブラウン

コーチSさん おはようございます。
>私もダヴィンチコードを読んでこの作家に興味を持ち、続いて天使と悪魔を読みました。
両方とも面白かったですね。

僕と同様に出版社の罠にハマりましたね(^^ゞ
こちらの方が、ダビンチ・コードよりも映画化すれば面白そうですが監督次第で話の趣きが凄く変わりそうですね。

>新しくパズルパレスという本も出ているので、それも読んでみてください。

早速、注文します。また、感想を書きたいとおもいます。


コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。