プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
近県の和歌山県が猟期の延長になった様です。
去年の暮れ頃に話題になっていましたが、まさか猟期中に延長にはならんやろうと、皆が言ってましたが1月19日に確定したようです。
有害等、県が経費を捻出している頃では考えられない事だったみたいですが、財政負担が大きく各市町村で経費の負担をさせる代わりに有害駆除の申請が降りやすくなった様です。
しかし猪や鹿、猿等の駆除費用を考えると2月15日で終猟して3月から有害駆除を行なうより3月一杯、猟期延長にした方が費用削減になるので急遽、猪のみ猟期延長になったみたいですね。
来年度から本州の猟区のみ猟期延長になる様です。10月15日から3月15日です。行かれる方は、猟装も少し考えないといけないですね。
通常の狩猟期間は、11月15日~2月15か3月15日のままです。
来年度は和歌山県の鑑札を取る人も増え、自治体の思惑道理にいくでしょうか?増えなくても経費削減にはなりますが・・。
スポンサーサイト
2007/01/26(金) 09:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

チャック :

猟期延長については先日も大物クラブでも
話題になりました。
10月中は山の木にも葉が残っていたり
キノコ獲りなどで入山している人がいるので
心配だ
との声がありました。
前半は罠の解禁のみのほうがよいのでは?
なんて考えてしまいますが・・・。
罠はお金が余計にかかるのをやめればいいのに
とも思います。
後半戦延長は好結果になるのではないでしょうか。
有害駆除では猟友会単位になるので参加できない
メンバーも出てきてしまいますしね。

Tome :

こんばんわ。 チャックさん。
概ね、どこでも同じ様な意見ですね。自治体の思惑と狩猟者との利益格差が、ネックでしょうね。
「ボランティア」の定義が、両者に問われると思います。
地元の人間が、「オラが、村」的な考えを、何処で軟らかくするのかが、課題でしょうね。
ブログなんで、誤解の無い様にお願いしますね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。