プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
この工程で、大失敗し時間が、かかりました。(汗)中古のダイスが2セットも付いていたんですが、箱のラベルにダイスの数量が「3」と「2」とありました。
中身は「3」の方には、ネックダイが、収まっているはずですが、まん中に有ったのは、トリムダイです。トリムダイの上部が削れていたのでケースが伸びた分を、コレで調整していたのかなと思っていました。端っこにあるフルレングスのダイと思い込み、プレスにセットし調整後、ケースの整形をかけました。最初は、弾頭無しで行いましたが、どうもしっくりしなくて薬室に入りきらないので、「?」と思いながら弾頭を着けてダミーを作りボルトが閉まる丁度よい個所でダイの設定をしましたが、同じ設定で整形しているハズなのに入るケースと時々入らないケースがあります。
ネックの高さが間違ったのかと少しずつ締め込みながら薬莢をサイジングしても入りません。ロッドの調整?かと思い基準値から少しずつ締め込みながら繰り返し整形しますが同じです。新品薬莢と寸法が違うのかと計測して
もマイクロメーターが無いので、正確な寸法が判りませんでした。
薬莢を眺めていると薬莢のヘッド部分に薬室に引っかかって止まっている箇所にスジが入っています。この時点でヘッドスペースが悪くて入らないと思い込んでいたのですが、どうもケースのヘッド部分が絞り込めていない事に気づきました。
まさか、ダイが摩耗したのかと思い308winのフルレングスのロッドを外して整形したらやはり最後の所で引っかかります。整形して薬室に入れるとフツーに装填出来ました。
ふと、7mm-08のダイの表記を見るとneckの刻印が‥‥フルレングスと思い込んでいたのでまさかずっとネックダイで整形していたとは、思いもよらずめちゃくちゃ遠回りしました。(;´Д`)
どうもトリムダイでフルをかけ、ケースが膨れるまでネックダイ整形されてたようです。しかし、トリムダイでは、フルはかけれないので、新しく購入しました。因みに、「2」の方に入っていたダイもネックダイとシーティングダイでした??です。前オーナーは、ハンドロードを理解してなかったようですから、初代オーナーから教えてもらってなかったんでしょうか?2

セット分のフルレングスのダイは、何処に?
ハンドロードの経験値がなく、思い込みでの失敗でした。全ての安全行動の基本の「確認」が、ぶっ飛んでたのは恥ずかしい事です。(苦笑)

スポンサーサイト
2012/08/27(月) 23:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。