プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
土曜日深夜の降雪の上に朝方少し積もった天候の日でした。勇んで猟場に行ったものの、新しい足が全く見当たらず、あれば鹿の状況です。
同じ猟隊のAさんが、「新しい跡が、あっちに行っている」と言うので、追いましたが鹿でした(>_<)
猪は、何処に固まっているんでしょう?
親方から無線が入り、ゴルフ場の方へ集合すると見つけた足の末が、解らないので捜索し、山への帰りにたどり着いたので、居る場所を特定する小見切りをしたら追っている猪と別の牡の跡を見つけ別の寝屋へ足が延びています。牝に牡が、寄り付いている様です。
親方の指示で待ち場を張り寝屋を捜しますが寝そうな場所が見つかりません。
待ち場に近づく頃に親方から「寝屋がなければ、抜けているから降りて来い」と連絡がありましたが、待ち場を張る谷を過ぎた辺りの尾根から跡が、出て来たので待ち場に逆を向く様に指示をし、しばらくするとクリが起こしたもののサツマが離れておりクリが呼びに来たため、止めきれず逃げられました(*_*)
昼ご飯の後、牡を追うのに待ち場を配置している最中に、知り合いの猟師が、山の反対側から裾に喰み跡を見つけたらしく山に先に入られてしまいましたが、僕らが追っている牡ではなく40kg弱の子連れの牝を獲り、山から去った後に、もう一度、山を包み直し最終待ち場を過ぎた一番高い尾根でサツマが起こし、クリが合流し途中で何度か、まくられながら川まで落としてました。
僕は、起こした場所から方向を確認しようとしましたが、犬の居場所も解らず地面も荒れていたので追った足を見つけるのに手間取り、止めている場所までたどり着くのに20分ちょっとかかりました。
たどり着いた時、止めていたガサの目の前から犬が足元に戻って来たと同時に、先にたどり着いた親方達に止めを撃たれました。
犬の猟芸が、巻き狩りに向いてないので、頼りなく思うのか親方に犬猟芸の事を少し言われましたが、説明しても理解してもらえてない様子でしたから、今後は待ち場の形態を変えず勢子中心でいこうかと考えています。
見せないと、理解してもらえないので仕方ないですしね。
理解する前に誤解されるかも知れないですが、その時は、それまでだと考えています。
親方の猟隊で世話になり犬を引かしてもらえていますが、犬持ちとして、僕の求めるスタイルは譲れませんからね。(^_-)
スポンサーサイト
2012/01/31(火) 23:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。