プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
120122_082946.jpg
土曜から日付が変わる頃まで雨模様だったので、ノテがリセットされて、足跡の新旧が見易くなりましたが、猪より鹿が増えています。
僕が二つ、親方が一つ足跡と喰み跡を見つけました。僕が見つけたモノは30kg前後の小さな猪でしたが、一番新しかったのでそれからかする事になりました。支度をしている途中で、GPSを忘れた事に気づきましたが(>_<)取りに帰る事も出来ず仕方がないので犬の首輪だけでクリとサツマを放犬し尾根に上がると2匹で鹿と追いかけっこしています。
帰りを待ち、寝屋のおおよその検討をつけ歩きますが、留守宅ばかりでした。朝に足を見つけた箱罠が見える場所まで降りて来た所で、サツマが起こし下に落ちて行ったので、農道まで出て無線機が聞こえる方向を探していると、茶畑の間からクリが帰ってきました。待ち場の一人が、出入りのノテに配置を換えてから無線で、猪と犬の抜けた足を見つけたが、違うオスの足が入っていると連絡がありました。サツマも呼び農道を渡り向かい側の茶畑とたんぼ跡のガサの周辺を、掛けるとクリが、猪を起こし鳴き出したので、寄りつこうとしたんですが小竹とススキで思う様に進めず、そうこうしていると、戻ってきました。農道に上がろうとしたら、今度はサツマが、猪を見つけ鳴き出したので、そちらに移動しましたが途中で帰って来たので仕方なく僕もはい出てきました。もう少し、追いかけようかと親方と思案しましたが、犬が止めても寄りけないので諦めて終猟です。ロビ助が居れば、状況が変わったかも知れない出会いでした。残念f^_^;
その後、遅めの昼ご飯をとり、親方が見切った山をする事にしました。見切りでは、子連れが入っている勘定です。
先週、同じ山で親方が抜きで83kgの牡を勢子撃ちで獲った山です。山の様子は、尾根が南北に走り植林と笹原と雑木が組み合わされた比較的歩き易い山です。
先週と同じ場所に待ち場を張り山に入って20分くらいすると、親方の待ち場から3発聞こえてきました。30kgほどの子猪が、忍んで来たそうです。うちの猟隊で、待ち場から3発鳴れば逃げられた合図です(苦笑)親は、どうなったんでしょう?
朝に親方の罠で捕獲した抜き73kgの牡を持ち帰り仲良く解体して終猟です。
スポンサーサイト
2012/01/23(月) 21:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。