プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
日曜日は、天気予報では日中、気温が上がると予報していましたが、低気圧の接近のせいで風が吹き肌寒い気候でした。土曜日に親方が勢子撃ちで40Kg弱の牡猪を獲ったと聞かされ、僕も気合いが入りますo(^-^)o
しかし、あるのは鹿の跡ばかりでウンザリします。猪の足を2ヶ所ほど見つけざっくり見切りました。
その後、いつもの場所に集合し掛ける山を決め、最初に僕が見切った山をすることなり待ち場を決め犬と山に入ります。
ロビンは、カットベストを少し調整したので走りやすそうです。サツマとロビンの「小さい組さん」は、クリの捜索に途中から追いつけずに2匹で一緒に走り廻っています。
寝屋があるさね尾に近づいた時に、クリの姿が消えました。その変化にサツマも後について見えなくなったと同時にクリの追い鳴きが聞こえ、しばらくすると30カービンの軽い音が、連発で聞こえたので「猪はどちらに行ったか」と聞くと訳の判らないトンチンカンな応答で、さっぱり要領が掴めず犬の行った方向を聞くと「左の方(上の方向)」と言ったと同時に、一発銃声が鳴り「どうか」と聞けば「弾が噛んで二の矢が出ない」と返答があり逃げられました。大きさを聞くと60Kg~70Kgくらいの猪だった様です。見切った足とは別物でした。
しばらくしクリが、戻り続きの尾根を歩くと50m程先の左側で、起こし鳴きがあり、クリの声がこちらに向かってきます。銃をかまえて待っていると膝下までの下草がパシャパシャと擦れる音がしてきましたがモノが、見えません。
次の瞬間、右側を黒いモノが横切りました。「ウサギ?」と思っていたらクリが、地鼻を使い執拗に後を追って行きました。サツマは、違う方向に走っています。起こした場所に行くと寝屋があります。僕が見たのはウリ坊だった様です。この時期にそんな小さな子がいるとは当地方では珍しい事です。
尾根の続きを歩いて行くともう山が終るところで山裾で、クリが鳴きました。「小さい組さん」が慌て降りだします。啼き声は山裾を上の方に上がって行きます。僕が、ようやく山裾のたんぼ跡に降りると猪に撒かれたクリが辺りをしばらく捜索し見つけ、追い出し、たんぼ跡を下に追って行きます。あとを追うと先ほど、たどり着けなかった置いてけぼりの「小さい組さん」が、クリに合流し止めていました。
止めている場所が、1m程、段下の笹の根が太く身動きがとり難い場所で、左右に犬がいる状況で猪がお尻をこちらに向けている時に下に降りたと同時に猪が振り向き慌て頭を抑え止めを入れましたが、咬まれるかとビックリしましたf^_^;
足と頭をみると60Kgくらいの牝猪ですが、餌がないせいか47Kgしかありませんでした。

ロビンが、一緒に走ると獲れる事が多いですね。
IMGP2815.jpg


その後は、山を替えて、クリを単犬で使いましたが、いつものごとく2つ飛ばれて1勝3敗でした。
スポンサーサイト
2011/03/07(月) 23:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。