プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
狩猟期前の射撃練習について@KOBAさんよりご指摘を頂き、警察庁のサイトを閲覧してみました。
施行関係(許可要件厳格化等)-平成21年12月4日施行の銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律等の施行について(通達)の9ページに第9射撃技能維持向上に関する規定にありました。

「射撃練習は、出猟に接近した日でなければ義務を、果たしていない」って記述があります。「接近した日」が1ヵ月前と断定していませんから少しくらい早くても「それじゃ、認定出来ない」と担当者から言われる事もなさそうですね。

前回のブログで述べた通り、練習に行かなかった場合は、「危害予防上必要な措置を執るべきことを指示することができる。」とあります。「ちゃんと決まり事やねんから練習行きや」と指導からされるようです。

複数丁所持している場合ですが、全部持ち出して射撃実績を作らないといけません。3年毎に受講しなければならない講習射撃の所持銃から各1丁と混同されている方もおられます(実は、僕もそうでした(汗))から注意が必要ですね。

これらの実績を、帳簿に記載して証明書を残しておく事も義務化されています。

面倒な事が、好きな趣味を続けるなら仕方ないですね。

また、何か詳細が判ればアップしたいと思います。




スポンサーサイト
2010/09/07(火) 08:57 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

@KOBA : 実績確認

こんばんは。

当地での実績確認ですが、通常の射撃実績確認と同じみたいです。
つまり実包管理簿(弾の購入&消費)+スコア表等(射撃場発行)の2点セットで確認。
なので、次回の銃検時に更に念入りに見られるのは確実ですね(汗)。
警察側には「義務違反者は銃を取上げる!」のが根底にあると考えて妥当かと思いますし・・・
不備等を指摘されないように普段からしっかり管理していこうと思っています。
苦労してようやく手に入れた「大人のおもちゃw」ですから・・・。
自分の管理が悪くて取上げられたんじゃ堪りませんからね(笑)。

Tome : Re: 実績確認

おはようございます。 @KOBAさん。

> 当地での実績確認ですが、通常の射撃実績確認と同じみたいです。
> つまり実包管理簿(弾の購入&消費)+スコア表等(射撃場発行)の2点セットで確認。

こちらも、同じです。
ただ、同じ番手の散弾銃の場合で実績を、残す場合1ラウンド途中で使用銃を変更した場合、どの銃で何発撃ったかをスコアシートに線等で区切り、消費弾数を明確に記載すればOKです。


> 警察側には「義務違反者は銃を取上げる!」のが根底にあると考えて妥当かと思いますし・・・

各都道府県の警察本部の担当者によってこの辺は、温度差がかなりあるようですね。
こちらの県本部担当係長と話ましたが、狩猟前の練習射撃について、毎月射撃する人と猟期明けから銃を触らない人との区別も認識してくれていますし、まともな狩猟者の立場を理解してくれている担当者で助かっています。(笑)

その辺りを酌んでこちらも対応しないと、所持者が全て同じ条件で射撃していない状況では使用実績の悪い人に合わせざる得ないのが、法律です。

また、そんな人ほど文句も多いのですが、言ったところで法律は変わりませんからね(苦笑)
法律の解釈を、間違わなければたまに射撃に行く方ならさほど問題は、なさそうです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。