プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今年度より、猟期直前に射撃練習が、義務化になりました。

直前ってどのくらいからかは、都道府県の本部の主観により多少異なるみたいです。僕の住んでいる県では、10月以降で良いそうですが、お隣りは10月初旬に支部で射撃会をするのに警察に聞くと「猟期直前が望ましい」の一点張りしか言わなかったそうです。その支部は、10月下旬に予定を変更したと言っていました。
射撃練習は、猟期中でも可能です。
ようは、「所持者自身の猟期開始前に射撃練習しなさい」って事です。

行かないとどうなるか?
春の銃検査の時に提出する射撃実績がないと1回目は、口頭注意され2回目は、指導書が発行されます。それでも行かない時は、行政処分対象になり許可取り上げられます。

しかし、射撃練習内容は「何発撃たないければならない。」とか、「クレー」なのか「標的」なのか「ライフル」「散弾」も指定されていません。
銃の取り扱いに慣れるのが、目的です。射撃をする方や有害駆除に年間通して出動されている方と猟期から次の猟期までガンロッカーに放り込んだままの方と同じ扱いってどうなんでしょうね?

昨年12月に法改正されましたが、まだまだ周知されてるとは言い難く
「有害駆除に参加していれば射撃練習は行かなくて良い」
「出猟しているから射撃練習行にかなくても、個人財産を取り上げられる事はない」
といくら説明しても、聞かない?理解しない人も居てますからしばらくのあいだは、混乱しそうですねf^_^;
スポンサーサイト
2010/08/31(火) 06:43 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

チャック :

tomeさん、こんばんは。
うちのほうは9月中にあります。
射場も少ないので猟期前の予約も
一杯です。平日にやるところも
ありますからサラリーマンは
大変です。私は別の支部のところに
入れてもらい土曜日にしましたけど。
警察の担当者によっては捉え方が
違うので厄介です。
判断できないから自己防衛的思考回路が
働くように思います。

@KOBA :

こんにちは。
猟期前練習の期間は、各地で解釈の違いが在るみたいですね。
ご当地情報ですが、所轄の担当者が「猟期1ヶ月前から出猟日前日まで」
と言っていました。
解禁が11/15の場合は10/15~出猟日前日ってことみたいです。
しかも猟期に使う使わないは関係無く、「狩猟用途がある銃は全部」だとか!
これだと丁数が多い人は大変ですよ~自分は違いますが(笑)。
もう減らす気満々なのが伺えますよね。
射撃実績のある人とかは緩和しても良いと思うんですが。

Tome : Re: タイトルなし

こんにちわ。 チャックさん。

チャックさんも、ご苦労されているようですね。

こちらは、県内に射場が無いですから年寄りは聞かないフリしてます(苦笑)

年に数回の射撃実績にした方が、銃の取り扱いや発射までの慣れにつながり事故が少なくなる確率が上がると思うのですが・・・。
今回の法改正は政治家に押し付けられた法律って感じですね。

Tome : Re: タイトルなし

こんにちわ。 @KOBAさん。

> 解禁が11/15の場合は10/15~出猟日前日ってことみたいです。

はっきり1ヵ月前って提示されましたか。
都道府県の警察本部には、「猟期直前」の通達しかなく本部も所持者からの問い合わせに苦慮しているみたいで日付をハッキリ言ってしまうと法律で決まってませんから突っ込まれますから隣県の出方の様子見って感じですね。

> しかも猟期に使う使わないは関係無く、「狩猟用途がある銃は全部」だとか!

これまたスゴイ発言です。
持っている銃全ての実績といいながら、クレーとか静的だとかの指示は無しですか。。
所轄の担当者さんの意見?希望?じゃないんでしょうかね(汗)本部に問い合わせたら違ったりして・・。

時々、こちらでもそんな担当者を見かけます(苦笑)

> もう減らす気満々なのが伺えますよね。
↑これが、担当者さんの業務成績に付加されるとしか思えませんね。

> 射撃実績のある人とかは緩和しても良いと思うんですが。

県の日クレの役員さんが県警本部担当者に再三、矛盾点を説明して欲しいと折りに触れて、話をするらしいのですが「上が・・」で終わってしまうみたいですよ。
年間1万発撃つ人や射場に通う方と射場にすら行った事がない人と同じ扱いじゃ可哀そうですもんね。

@KOBA : 通達によると

こんにちは。
当地でも人によって解釈がバラバラで、オレ様ルールの人も多いです。
所轄の担当さんが言っていた根拠はですね・・・警察庁からの通達らしいです。
で、警察庁HPに無いか調べてみたら、それらしき物がありました。

第9射撃技能維持向上に関する規定
(解釈及び運用上の留意事項)
(1) 射撃練習は、狩猟を行う前であれば、狩猟期間前又は狩猟期間中
のいずれに行っても構わないが、初めて狩猟を行う日に近接した日
に行わなくては義務を果たしているとは認められない。

(3) 狩猟の用途に供する猟銃を複数丁所持する者は、各猟銃について
それぞれ射撃の練習を行わなければならない。

最初の(1)を読むと、いつ射撃練習をするのか?は、いつ初めて出猟するか?
で変わって来るという事ですよね。
と言う事は射撃練習期間は決められないですよね。
誰がいつ初めて出猟するかはバラバラですから。
だから警察はいつ実施しなさいと言わないのかも?(わざと?)
これで当地の担当さんが、出猟1ヶ月以内の射撃練習なら実績と認めますと
言っていた意味が分かりました。
次の(3)も猟期に使用する猟銃と書いてないです。狩猟用途で所持している
各猟銃と書いてあります。う~ん・・・

これは注意して自己防衛にあたらないと、かなりマズイですね(汗)。
来春あたり止めさせられる人が沢山出そうな気がします。

この内容はブログでも取上げた方が良いんでしょうかねぇ?

Tome : Re: 通達によると

こんにちわ。  @KOBAさん。 

ご連絡ありがとうございます。
ん”--1日に県猟友会事務局に行った際に、猟期前の射撃について云々の話をしていましたが通達や変更等は、聞きませんでした。

「出猟に近接した日」の射撃って微妙な言い回しですよね。。。1ヵ月以内って限定されたら1日でも早ければ駄目なのか?ってゴテられそうそうですもんね。これまた、都道府県警本部の采配次第かもしれないですね。

警視庁からの通達なら複数丁所持者は、あらかじめ狩猟用途の各テッポー撃ってた方が無難かもしれないですね。

でも個々で猟期前の射撃にしたら射撃に行くのを忘れる人が続出しそうですよ。。。
思い出して、射撃に行ったら初猟日が、2月になったりして(苦笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。