プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
突然、休日前日の夕方に知り合いの方から顔見せがてら明日、支部に遊びに来ないかと連絡が入りました。予定を変更して訪ねる旨を連絡しました
。待ち合わせ場所に到着し有害駆除隊の方々に挨拶をしてから雨の中、山を見学してきました。
山様も里山から1000m級の山まであり林業も盛んな地域です。この時期は、鹿の駆除がメインです。朝7時から15時半頃まで、移動と食事以外はずっと山を歩き回りました。
この地域の山は斜面が一望出来る所も多くライフルの必要性が実感する山様です。また、植林されていない雑木がある場所は、岩山で断崖になっています。連日の雨で崩れている所も多く滑落したら100m以上落ちる場所が幾つもありました。植林の場所でも土質が、砂利の様な場所も多く歩きにくい山が多いですね。
好意でクリとロビンも引いてもらいましたが植林の広大な山では捜索レンジが狭く役に立ちませんでした。この支部では、和犬が大半ですがレンジが広いのと歯が強いのが良い犬の条件みたいですから、クリはこの支部では駄犬扱いでした。自分が犬に求めていない事を他人に何を言われても平気です。
自分のしたい猟のスタイルは、4人までの猟隊で小見切りをし小さく囲む猟法です。またロビンの犬種で猪を取りたいと想い勢子を始め先犬に和犬を使いだしたので普通と逆の発想かも知れませんね。
なので、起こし鳴きも自分の近くが理想です。うちの親方の犬はいずれも、県南部からもらった和犬ですが猟欲が出たら容姿に関係なく全てレンジが広がり噛んだ事がない鹿でもしつこく追わえます。それを見ていると獲物を起こしてからの追跡距離が伸びないのは、僕が獲物を止める事が出来ないのが要因と思っていますが、犬の捜索レンジは一概に猟欲だけで測れるものじゃない気がしています。

犬でお世話になっている方から、和犬は、賢いので勢子の猟法に合ってくると教えてもらいました。そうだとすると、クリが駄犬じゃなく獲れない僕が合わせてもらっているのかも知れませんね(-.-;)

スポンサーサイト
2010/07/06(火) 22:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

たかちゃん : なるほどぉ

山も色々

猟も色々

ワンも色々

ですね。 人間様が上手にしないとねぇ。

Tome : 〉なるほど

こんにちわ。 たかちゃんさん

射撃も猟も奥深いですね~
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。