プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
日曜日は、朝8時過ぎまで雨でした。
猪が動いた形跡が、かろうじて1ヶ所見つけられただけです。土曜日に見切った時に子連れの入りの足が出ていない勘定で、山を掛ける事になりました。牡が後追いして晩に出ている確率も高いです。ほとんど、バチ掛け状態ですが、これだけ足が拾えなければ仕方ないですね(+_+)。
小さな山で一尾しかありませんから勝負は、早いです。待ち場を配置し、ボスとクリを連れて登り、放すと日向きの尾根辺りですぐに起こしました。待ち場がある谷に向かって斜めに一直線で下って行きます。名指しで待ち場に猪が行った事を連絡し僕も後を追いました。谷の手前で止まりましたから連絡を入れてしばらくすると、銃声が聞こえました。待ちにどうなったか聞くと、「待ち場をヅレて出て来たのを追いかけ撃った」そうですが、逃したとの事です。
親方から待ち場に上げる様に指示がでましが、犬は、川を渡らずまだ止まっています。降りて行くと、2匹で子猪を止めていました。止めてる事を告げ犬を猪から離ししばらくするとTさんとA君が来てくれました。
子猪を止めて場所からTさんが一番近い待ち場ですが、何も聞こえなかったらしいです。
その下でA君が待っていましたが鳴きながら、通り過ぎたのを確認しているのに…(+_+)Tさん、同じ様な出来事が今猟期3度目です。ひょっとして老人性難聴でしょうか?A君の後から現場に着き子猪を、跨いで通り過ぎ猪を探してました。いくら20kg弱の猪とはいえ、ちょっとヤバいかも知れません(-.-;)
2回目は、親方が勢子で入り鹿が獲れました。角無しの牡でした。解体、処理し山を下りました。まだ、時間があったので先程の、親猪が入った山をクリを単犬で引きましたが、入って直ぐに尾根で何か起こしその後、角無しの鹿が一つクリに追われ目の前を走って行ったくらいで、猪は忍んでいるのか見つけられないまま終わりでした。

春も近くなると気温が、上がってきたので歩くと暑くなってきましたねf^_^;あと、2回出猟出来ますから大きな猪に出会いたいですね。

スポンサーサイト
2010/03/02(火) 22:19 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

たかちゃん :

猟期も最終戦

頑張っておられる様で何よりです。

Tome : Re: タイトルなし

こんばんわ。 たかちゃんさん。

もう少しで、終わりですね。
たかちゃんさんも、安全猟で終猟して下さいね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。