プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
続きですf^_^;
友人に12番と20番のどちらが良いのか、銃の種類は?と矢継ぎ早に質問されましたが用途や好みで価値観が違いますから一概にこれが良いとも言えないです。
手っ取り早いのは、射撃用と猟用に別けるのが最良と思いますが…( ̄▽ ̄;)
まぁ、4駆のタイヤ選びみたいにオフとオンのどちらにウエイトをおくかで悩んでいるのと似ているのかも知れませんね(^^)
使い方を、聞いたところ
①猟中心で勢子をする
②軽量じゃないと嫌
③経験者教習も始まるので射撃もしたい
④銃の種類と弾の番手の選び方でした。

使い方が猟中心で勢子なら全長が短いのに限ります。射撃をするなら銃身長は28inは欲しいですね。
勢子ですから軽量にこだわるのも理解出来ます。12番で軽過ぎるとバランスも悪く数を撃つと、頬っぺたが痛いと聞いた事もあります。
銃種は、好みですから好きな物を選べば良いと思います。替え銃身は、上下二連でも可能ですが高価になりますから通常なら自動かポンプに選択肢が、絞られますね。
20番の良い所は、銃や弾が軽くなる。弾の初速が早くなる。担いでいる方が長いと魅力的な番手です。
12番は、最近は差がありませんが弾の価格が安い。インパクトが20番より強い。これくらいしか思いつきません。
自動銃かポンプ銃か?ポンプを所持している方は、マニアが多い気がします。アクセサリーが豊富ですし、しゃくる動作が好きな人が多いです(^O^)
自動銃は、反動がマイルドで連射も簡単です。
ちなみに僕は、ポンプ銃に落ち着きました。理由は、次弾装填が勝手にしないのと挙銃しながら装填出来ますから安全面と山での咄嗟の出会いで有効ですし、全部ばらして掃除が簡単に行えるのが魅力ですね。スキートのダブルも慣れば、上下と変わらないタイミングで撃てますよ。
番手は12番です。先に使っていた上下二連も12番だったので統一したかったのが理由です。

銃は釣り竿やゴルフクラブと違い値段だけで良し悪しが決まりませんからね。色々悩んでる時が楽しいですから自分が気に入ったものが「当たる銃」です(^_-)

スポンサーサイト
2010/07/09(金) 07:49 | コメント:4 | トラックバック:0 |
先日、友人から銃を入れ換えるにあたってどんな銃が良いのかと相談されました。
僕が、所持許可を取った時に上下二連のフィールド銃を頂きました。前の持ち主が下の銃口をどこかにぶつけたらしく少し歪んでました。まぁ、ただ同然で頂いた物ですからこんなものかとあまり気になりませんでした。
しかし、スキート射撃を撃つと弾が入っていないのかと思う程、ハズしまくり、自分の腕を棚に上げチョークが1/4と1/2だから当たらないとか、射場に出入りしている自称先生が、台木が悪いなどウンチクと自慢話を色々とご教授を頂き悩んだ時期がありました。
射場を管理している兄ちゃんにどんな銃で撃てばあたるのかと相談した事がありましたが、一笑され「筒が曲がってなかったらどんな銃でもあたるよ」 と言われ意味が判らずいるとまずは挙銃の練習と一度に沢山撃たず、こまめに楽しく射撃する事と教わりました。

結局、どんな銃でも当たる確信よりも外れた時にその理由が判れば使い心地の良い銃じゃないかなと思います。
「銃に合わせた射撃フォーム」が出来るようになれば、そこそこは当たるようになりますし、そうなると外れた時に何処を撃ったのか判ってきます。こうなれば使い心地の向上を求めなければ猟では信頼出来る腕になってくれるでしょうね。
使い心地の向上を求め出し下手にイジると当たらない病にかかり迷路に迷い込みますから用心した方が良いかも知れませんね(^^ゞ

2010/07/08(木) 20:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
突然、休日前日の夕方に知り合いの方から顔見せがてら明日、支部に遊びに来ないかと連絡が入りました。予定を変更して訪ねる旨を連絡しました
。待ち合わせ場所に到着し有害駆除隊の方々に挨拶をしてから雨の中、山を見学してきました。
山様も里山から1000m級の山まであり林業も盛んな地域です。この時期は、鹿の駆除がメインです。朝7時から15時半頃まで、移動と食事以外はずっと山を歩き回りました。
この地域の山は斜面が一望出来る所も多くライフルの必要性が実感する山様です。また、植林されていない雑木がある場所は、岩山で断崖になっています。連日の雨で崩れている所も多く滑落したら100m以上落ちる場所が幾つもありました。植林の場所でも土質が、砂利の様な場所も多く歩きにくい山が多いですね。
好意でクリとロビンも引いてもらいましたが植林の広大な山では捜索レンジが狭く役に立ちませんでした。この支部では、和犬が大半ですがレンジが広いのと歯が強いのが良い犬の条件みたいですから、クリはこの支部では駄犬扱いでした。自分が犬に求めていない事を他人に何を言われても平気です。
自分のしたい猟のスタイルは、4人までの猟隊で小見切りをし小さく囲む猟法です。またロビンの犬種で猪を取りたいと想い勢子を始め先犬に和犬を使いだしたので普通と逆の発想かも知れませんね。
なので、起こし鳴きも自分の近くが理想です。うちの親方の犬はいずれも、県南部からもらった和犬ですが猟欲が出たら容姿に関係なく全てレンジが広がり噛んだ事がない鹿でもしつこく追わえます。それを見ていると獲物を起こしてからの追跡距離が伸びないのは、僕が獲物を止める事が出来ないのが要因と思っていますが、犬の捜索レンジは一概に猟欲だけで測れるものじゃない気がしています。

犬でお世話になっている方から、和犬は、賢いので勢子の猟法に合ってくると教えてもらいました。そうだとすると、クリが駄犬じゃなく獲れない僕が合わせてもらっているのかも知れませんね(-.-;)

2010/07/06(火) 22:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
そろそろ、経験者の実技試験が始まるにさしあたって、各検定内容を書いてみました。
散弾銃の実技試験は、スキート(各射台シングル撃ち25発)、トラップ(アメリカン25発)を2~3点でOKです。
ハーフライフルの銃身を取り付けていてもスムースボアの換え銃身があればクレー射撃でOKです。しかし、現状の予定では換え銃身なしのハーフライフルは、ライフル教習と同じカテゴリーに加えられます。精度がいいからと言う解釈みたいですが、ライフルとハーフライフルの2丁を持っている場合の検定基準がまだ不明の状況です。

ハーフライフルは法律上は、散弾銃ですから扱いが微妙な感じです。今後の動向を見守るしかありませんね。

ライフル教習射撃の最低点の確認ですが、20発撃ち50mで立射 25点 膝撃ち 40点 伏射 60点が合格ラインになります。各都道府県で裁量が少しづつ違うと思われますが、安全確認や射座での所作が最重要課題ですので猟期前の射撃練習を行う時には、ただ弾を消費するだけでなく射場のマナーや撃発までの所作を意識して撃たないと再検定になりそうです。

先日、京北綜合射撃場で検定基準でテスト的に射撃会が催されました。的紙は、通常のライフル用より少し大きいくらいです。実際、撃ってみると腕に自信のあるハンターでも、ギリギリ合格の方も多数おり猟期しか撃たないハンターでは、到底無理な点数基準の設定になっています。
ライフル=スコープサイトが取り付けてあり簡単に命中すると公安委員会は考えているんでしょうかね…(*_*)
今後、京北綜合射撃場では射撃指導員主催で射撃会を行うそうですからこれを機会に隔月や定期的に参加されたら良いかも知れませんね。

それにしても猟しか行かないベテランは、対岸の火事的に射撃教習を考えている方がほとんどです。このままだと4年後には、一気に銃の所持者が減りそうな気配です。

2010/07/03(土) 21:09 | コメント:4 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。