プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
僕は、いたって元気です(^O^)
元気がないのは、指導しているミニバスケットボールの部員です。
元気がないと言うか、覇気がありません(´ω`)練習態度は、主力メンバーの子達は、あまり休まず練習に励んでいますが、「声」が出ないんですよねぇ( ̄~ ̄;)
今日も、黙ってみていましたが「声をだす。」「勝てる試合をしたい」と言いながら、殆んどかけ声が、聞こえません。しっかり、出していた4人だけの練習にし、残りは見学にしました。見学の理由も告げました。
練習終了間際に、「次からしっかり声を出すので練習に参加させて欲しい」と反省の言葉が、聞こえてきました。少々、荒療法ですがこの、壁が乗り越えられた時にはすばらしいチームになって行くと確信していますし、乗り越えてくれると思っています。
自己主張、コミュニケーション、応援、雰囲気、緊張…声を出すだけで、変われるのに・・簡単な事のハズなんですが。
自分が小さい時、野球のクラブチームではもっと声を出してました。声を出さないと、チームでの自分の存在感がなくなる様な気がしていましたね。
ミニバスケットの他のチームを見ていると、元気な子達が多いです。
僕が、見ているチームが声の出ない元気が見えないのは指導方法が原因なんでしょうか?土地柄の気質なんでしょうか?

今年度で、5年目です。悪しき伝統を断つにはどうしましょうかね( ̄^ ̄)
スポンサーサイト
2008/01/30(水) 23:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1778.jpg

朝から、パジェロミニの修理と娘2号の日曜参観に行き、午後イチに間に合う様に、猟場に行くとまだ見切りの途中でした。(?_?)朝から、足も食みも見つからないそうです(>_<)
仕方なく、雪を踏んでいるものの谷筋を切れていない、少し古い足を追う事になりました。
先週は、罠でメスが獲れ、待ち1丁で三の又を獲り、調子が良かったんですが白ブチ犬が猪に斬られて全治二週間程度、出猟出来なくなり今回は、短尾の紀州犬と屋久島犬のコンビです。
今日の待ちは、4丁です。Sさんと山に入り、尾根筋の反対側から三本のノテが、交差して一つになり次尾根に続く場所に待ちを張りました。途中、粉雪が舞い寒い天気です(´ω`)
しばらくすると、犬の鈴が微かに聞こえて来ました。早立ちした猪が、透かして来るかも知れないので様子を伺っていると、犬がひょっこり出て来きて山の裾へ下りて行きました。
その後時間も経たずに、笹がガサガサ鳴りながら尾根近くにゆっくりと近づいて来ます。尾根の向こう側の茂みので、姿は見えません。
一番近い本命のノテで3mの至近距離ですから絶対に外せません(~o~;)見える所まで、4mくらいの所で気配を感じたのか止まりました。息を殺して待っていると、突然「コイ!コイ!」の犬を呼ぶ声がしガックリです(´`)
獲物と思い、見えてもいない藪に撃ち込むと大事故の元の典型的なシュチエーションでした。こんな時に、白いタオルや服がチラチラ見えて鹿と間違い誤射する事もあり得ます。
改めて、「矢先の確認」の大事さを思う一瞬でした(;^_^A
結局、山を替えて掛けましたが猪ちゃんは、居てませんでした(´ω`)

猟期終了まで、あと3回しか行けません(T_T)猟が、出来る環境には感謝していますが、もうちょびっと行きたいなぁ~φ(.. )
2008/01/29(火) 09:50 | コメント:2 | トラックバック:0 |
土曜の晩に、ミニバスケの練習から帰り、晩ご飯を娘2号と食事をしている時に嫁さんが、娘1号の塾の迎えに外へ出たところ、通りを小走りでこちらを見ながら通り過ぎていく犬が、ライにそっくりだったと言いに帰って来ました。
二階で、寝ているいるものだと思っていたら僕が、帰って来た時にすれ違いで閉じるドアの間から出たようです。(ーー;)
皆が、帰ってきてから捜しましたが見当たらず、寝る前に一度表を見に出ると近くの家の裏手から、こちらを伺っているタヌキが、見えました。よく見るとライです(ー_ー)!!
僕に、近づいてくるのに5分ほどかかりようやく捕獲しました。
捕獲までの約5時間、狭い縄張りの何処にいてたんでしょうね。。
汚いので、風呂場で洗いましたが毛に植物の種図鑑の様に、腹や足に各種のひっつき虫がまとわり着きたいへんです。

IMGP1773.jpg

風呂場で、反省のフリしてます(=_=)
2008/01/28(月) 08:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
先週から気温が、冬らしくなりました。
パジェロミニで通勤していますが、暖気運転して約20km程走りますが、ヒーターにしているのに、吹き出し口からは冷風しか出ません(´`)
元々、あまり水温が上がらないんですが、全然上がらない状態です。満12歳、年のパジェロちゃん発病した様です(>_<)
病名は、水冷ファンの付け根にあるコンバーターのクラッチが直結でした( ̄□ ̄;)
IMGP1775.jpg


部品を注文して、交換完了⊂(^⊥^)⊃
IMGP1776.jpg


IMGP1777.jpg

段ボールでラジエーターを、半分隠して水温を上げてましたが、街中では安定ませんでした。一時しのぎですね(;^_^A
2008/01/27(日) 08:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
leupoldVX-III.jpg

依頼されていた商品が、ようやく到着日しました。輸送事故のトラブルで、時間がかかりご迷惑をおかけしました(´`)
リューポルド社製のライフルスコープVX-Ⅲです。
スコープリングと、バトラーキャップのセットです。スコープサイトの善し悪しはレンズの性能で決まります。レンズが、良ければ薄暗いところも鮮明に見えるので安心です。
近距離で射獲する事が多い地域での猟では、ダットサイトやスコープサイトの使用に否定的な方も居られますが、オープンサイトと同じ感覚で撃てる×1~×2までの低倍率のレンズ性能が良いスコープを、上手く使いこなせれば木漏れ日の状況や、居ている場所より暗い場所を狙うと裸眼より明るく見えます。定期的な点検、調整等の作業が必要でしょうが使い方を理解すれば便利な道具です。
IMGP1633.jpg
2008/01/26(土) 08:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
以前、古い全猟の投稿記事で面白いのが、ありました。家の親父もその記事に似た事を経験したのを思い出出しました(^o^;
雑誌に書いてある記事は、
「ある鉄砲撃ちが、村で一番のウサギ撃ちの名人に、猟を教えて欲しいと頼みに行っても全然教えてくれません。
ある日、名人に気付かれない様に付いて行くと、少し開けた場所で犬を放ししばらくすると、犬がウサギを起こし追いはじめた様です。名人は、キセルを置いて弾を込めて待っているとウサギが飛び出してきました。パン!パン!と撃ちましたが当らず、ウサギは走って行きます。すると名人は、辺りをキョロキョロして鉄砲を放り出し、慌て木にしがみついた所に犬が帰って来ましたが獲物がないのに気付くと、木の下まで行って今にも噛みつかんばかりの勢いで鳴き一時して、またウサギを追いに行ったそうです。」
鉄砲の腕より犬の猟芸が良かったので、教えて貰えなかったんですね(≧ω≦)
僕の親父は、雉撃ちに行った時、雉を撃ち損じ犬が土手下のボサの中を探し中々帰らず、土手の所で呼んでいたら、左後ろから走って来て親父を突き飛ばしました。
もう少しで土手から落ちそうになってましたよ(´∀`)音は鳴っても獲物が全然落ちて来ずで余程、腹立ったんでしょうね(;^_^A
2008/01/25(金) 09:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
大物猟で5名以下グループ猟での捕獲率が、良いチームは、何か秀でたモノがないと上がりません。
見切りも当然ですが山を知り尽くした者。
優秀な犬を育て上げる技量。3日と明けずに出猟出来る環境。
揃えば、理想ですが、そんな人は何人くらい居てるんでしょうね。
僕達のグループが、銃猟による捕獲率が上がったのは、見切りが出来る者が増えて待ち場の選択と各メンバーが、ルールを守れる者ばかりになった事とそれに今猟期から、連日の出猟が可能なメンバーが増えたのが、要因でしょうかね(^^ゞ
勢子は、人が踏み込めない場所以外は、隈無く寝屋を回ります。新しく寝た跡がなければ見切り違いと、割り切れます。
僕が、猟を始めてまだ猪猟を理解していなかった頃に寝坊して猟場に行った時、師匠に「獲る気が、なかったら来んでええで(来るな)」と一言。心にチクッと刺さったのは、忘れもしません(;^_^A
見切りが達者なSさんにも「犬も持たんと、猪猟するんやったら、見切り位は出来る様にならんと、あかん」と教わりました。φ(.. )
まだまだ、半人前ですが見切りが、解れば猪の行動や習性も理解でき想像する様になります。それが、待ち場の待ち方にも反映して、猪との出会いも高くなる気がしますね(^^ゞ
猟期も、もう少しです。吸収する事は、まだまだあります。ガンバロ(~_~;)
もう少し
2008/01/24(木) 00:54 | コメント:2 | トラックバック:0 |
IMGP1759.jpg

一本だけすごく太い杉を、みつけました。
銃の長さは、110cmです。
IMGP1760.jpg

隣りの木と比べ太さが全然ちかいます。

朝から雪の予報で、見切りが心配でしたが、朝は降りませんでした。しかし霜柱が、ひどく晩の足だと、新旧の判断が出来ない状態です(´`)怪しい跡は、追いかけて霜のかかってない場所で、判断するしかありません。食跡も、出て来ましたが新食みが見つかりません。何本か谷を、見切りますが渡りも見つかりませんでした(>_<)何時もの林道も、土砂崩れで通行止めだったので、工事現場まで行きUターンしました。ぐるっと回り道して反対側からも入り、何時もよりも時間がかかります。
師匠から無線で、状況を聞かれ説明すると、Sさんが昨日消しておいたノテに新足があったらしくそれを追う事になりました。場所は、通称「犬屋の上」です。この山は、奥に広く入れ代わりに猪が寄付き今猟期は、この周辺で猪を6つと鹿を1つ獲りました。(^^)
捕獲率が、上がったのは見切りが、出来る者が増えて待ち場の選択とメンバーが、ルールを守れる者ばかりになった事と連日出猟が可能なメンバーが増えたのが、要因でしょうね(^^ゞ
寝山への入り足を、確認して着け込んで様子を伺いに行くと、猪特有の匂いがしたそうです。
今日の待ち場は、3丁です。入り足の場所にNさん。西側の本ノテにSさん。北側の本ノテにTomeが、入りました。南面は、養壁で下れず東側には師匠の罠が、掛けてあります。
寝屋は、谷を挟み東西の両側にあります。僕の待ちは、撃ち手が居れば2~3人は欲しい待ち場です(´`)桧林の裾にあるノテに左右斜めと横から一つになる場所に待ちを張りますが、植林の手入れもしておらず見通しが悪い上に、上を見上げ視界に全てが見えない山裾の待ち場です。
勢子が、西側の寝屋から犬を入れてました。僕の待ち場は、西側(右側)を意識して待ちますが、しばらくして勢子から「寝ていない」と連絡があり、東側の寝屋山に移ると連絡がありました。
東側に居れば、僕の待ち場に掛かると寝ている場所で、どころから走ってくるか判りません(^o^;
西側(右側)から来れば、外してしまうと飛ばれてしまい矢が効かないと、獲れなくなります。ドキドキしながら、耳を澄まし目だけで様子を伺っていました。東側(左側)から西側(右側)の斜面に目を移し、気配を感じて左斜め上のノテを見ると下ってきた猪と目が合い、その瞬間、猪が止まり僕が、撃つのと同時に横に這うノテを走って行きます。二の矢、三の矢を掛けましたがことごとく木に当たり、走られました(T_T)見た感じは、90kg級の大物でした。
矢をかけているので、待ちに掛かる確立が高く、無線で連絡するんですが、誰も応答なしです(?_?)
すると、Nさんの方角から3発なりました。Nさんの待ち場は、渡りの場所で見えている部分が、5m~3mほどの所です。そこで3発もなると言うのは、逃げられた可能性が高いなぁと思いつつ、行くと
「バキバキと木を折りながら凄い勢いで飛んで出てきたので、慌て撃ったら、何処に当たったか判らへんけど、一回転けて立ち上がって、走られた。」
と興奮して説明してくれました。(^^ゞ
師匠とSさんも来て、現場検証です。当たったらしいのですが、血糊がなく皆に信用してもらえないどころか、
「鉄砲で突ける距離」だとか、
「連射せずに狙いこんで撃たへんからアカンねん」や
「血も落ちてないくらいやから、足を擦った程度やろう」と散々言われて僕に、小さな声で「当たってたのに…」とブツブツ(^o^;
猪が来た方角へ逃げられた可能性が高いですが、念のため別の方角へ切れていないか谷筋を手分けして尾根まで見切り違う山に移っていない事を確認して、お昼ご飯を食べました。
食事後、逃げられた尾根伝いに着け込み、一尾だけ囲う事になり尾根まで行くのに手分けして入ろうとしたら、待ち場を過ぎ10mほど入ると、血糊が落ちていました。銃に弾を込め辿って行くと、尾根に登らずに横に這い出し待ち場から、50mくらいの笹の中で、転けていました。w(°0°)w
IMGP1762.jpg

それを聞いて、急に元気になったNさん。「ほら、当たってやろ!」
でも、当たっていると確信出来るなら、猪の後を追わないとね(^_-)
こないだの130kgクラスに続きまたまた、射獲です。ホント、ラッキーオヤジです(*´∀`*)
解体時に、見ると上から撃ったので、左上部から肺少しかすり、肝臓も少しかすり、内臓を抜けていました。内部に出血して、直ぐに血が出なかったようです。
それとは、別に左後ろ足と腹腹のつながっている薄皮に貫通している傷口がありました。僕の下から撃ち上げたのが、当たってびっくりして、Nさんの所に行ったみたいです。薄皮じゃ血も出ません(>_<)
師匠の話によると、尾根近くに、落ち葉を寄せてベット?を作り寝ていたそうです。犬の首には、鈴を付けていますから、早立ちして犬が近づいて来たので透かして走り出し、植林で見えなかったので、僕の近くまで下りて来た感じです。
川に、猪を浸けてから罠に掛かった一本角の鹿を獲りに行きました。猪を外したので、僕が撃つ事に…(´`)
「スコープ付けてるのに外しやがって」と悪態つかれたのでわざと、少し離れ首を狙いワンショットでクリーンキルです。危ないアブナイ(;^_^A
現場で、解体して持ち帰り、晩は猪を解体する前に、師匠の知り合いも参加しての新年会です。勿論、主役はNさん。持ち上げられたり、叩きつけられたりされていましたよ。
ワイワイ楽しい食事会でした。(о^∇^о)
IMGP1764.jpg

抜きで89kgですから100kgサイズのオス猪です。
IMGP1769.jpg

この間の130kgクラスの猪が、写真ではあまり大きく見えないといわれたので判りやすい様に撮ってみました。

IMGP1765.jpg

いい感じに牙でしょ
2008/01/21(月) 21:48 | コメント:2 | トラックバック:0 |
IMGP1742.jpg


猪のレバーです。猪は、豚と同じで雑食ですから、いくら新鮮でも食材は焼かないとダメです。
猪肉と同様に焼いてもパサつかず、香ばしくて美味しいです。
レバーは、オリーブオイルで焼いて塩胡椒に、ネギにもオイルをかけて、たっぷりからませて食べるとサイコーです。(●´∀`●)/

2008/01/20(日) 08:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1678.jpg


鹿のレバーです。
苦味もなく牛よりも美味しく、厚めに切ってゴマ油と塩で食べました(*^_^*)
生食の食材は、鮮度が大切です。それに、獲った個体の状況が、判っていれば問題なく、美味しく食べれます(^_-)
2008/01/19(土) 21:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
お昼休みに師匠から電話がありました。
今日は、朝から罠の見回りで2つ掛かっていたそうです。80kg113kgの牡猪です。
デカイ方は、この間の出猟の時に出た足が、寝屋山に帰って来たもので僕が見つけていた奴かも知れません( -_-)
いずれの猪も、罠の近くで食んで掛かっています。デカイ2匹を、フゥフゥ言いながら二人で、出したようで車に積むのが大変だったと言ってました。(*^_^*)
今年は、山の実が大豊作だった昨猟期よりも捕獲率が、良いです。
掛からなかった罠も、例年になく多いのが悔やまれますね(´`)
それにしても、平日に猟に行けるのは、羨ましいですねぇ(^o^;
2008/01/18(金) 18:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1693.jpg

猟師のKさんが、11月に獲った130kgの牙です。
角がナイフの様に鋭くなっています。
猪は、怒ると上顎の牙と下顎の牙をカチカチと擦り、下顎の牙を猫の爪の様にニュっと出して突進し相手を、斬ります。大きくなると犬を咥えて振り回す事もあります。逃げない猪は、獲りやすいですが、犬が斬られる確率も上がります。
射獲した猪の写真を見せてもらいましたが、体高もあり迫力のある猪でしたよ。

それにしても、猪の体重が大きいくなると比例せずに牙の長さや太さが、異なるのはどんな要因があるんでしょうね(?_?)
2008/01/17(木) 20:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1736.jpg

この地域に来ると線を引いたように雪が、降ります。

昨日に続いて連休で、出猟出来ました゜+。(*′∇`)。+゜昨日よりも冷え込みが厳しく、猟場のある地区にはうっすら積もりました。今年、初めての積雪です。足や食みがあれば新ですから、見易いです(^_-)張り切って見切りに山に入り、枝を掴んだら葉っぱにのっていた雪が、落ちて来ました。何だか変です。落ちてくる量が多過ぎます。見上げると、あ"ー雪やコンコン(T_T)地面を見るとパラパラとお砂糖を振りかけた様に積もっています。「こんなん判るかーっ」って山の中で、言っても仕様がないないんですけどね…。
そういえば、最近、自分の独り言に気が付く事がたまにあります。知らない間にブツブツ言ってるんでしょうかね。通報されて、鉄砲取り上げられない様にしないとあきません(^^ゞ
仕方なく、見える場所を探して行きます。昨日と同じコースの見切りをして行きます。
昨日、別の猟隊が朝早くから犬を連れて入っていた山に入って見ました。檻罠も見当たりません。新しい猪の食み跡があり、追う様に長靴の跡があったので、犬を使って様子を見ていた様です。尾根まで登る途中に、鹿寝屋がありました。僕が登って来たので起きた様です。尾根づたいは鹿の跡がたくさんあります。この辺りは、林道も荒れ人しか入れず奥が深く猟師も来ないので、居着いている様子です。
山を下る途中で、木々の間から青空が見え日差しのストライプにキラキラと細かい雪が、舞うように見えます。静かなところに一人で見れる景色に見惚れてしまいます。僕は写真には、写せないこの風景が大好きです。
山を出て見切り終えてみんなの居る場所に集合します。状況の報告をして、掛ける山を決めました。
朝早く、罠で一つ獲れて川に浸けてあるとの事。最近、罠ではずしてばかりです。
罠では、今年初の獲物です。自分の罠ではないので細かい事は、書けませんがちょっとした事が掛からない原因になるようですね。奥の深い猟法ですφ(.. )
今日は、師匠が午後から合流ですから先に、みんなでお昼ご飯にします。みんなで、ワイワイ言いながら食べると何を食べても美味しいですね(*^_^*)
しばらくして師匠も到着し、通称「牛小屋の山」を掛ける事になりました。この一帯は寝山が、多くあるので掛ける山を変える時の待ち場まで、決めます。
僕の待ち場は、この間猪を射獲した場所です。
此処は、今日掛ける寝山から一番遠く、来る時は、気配を取りながら来るはずですから、ジッと我慢です。
勢子が山を、掛けると直ぐに「鳴いたぞ!」の無線が入りました。
しばらくして、「下の道路添いの川から出られず引っ張り出してきた」と勢子からの無線連絡がありました。どうやら、鹿に着いた様です。その後、別の無線とかぶり猟の様子が、判らない状態になりました。
横の杉林に、ひよどりの団体がやって来て、ピーチク鳴き落ち葉をひっくり返し、ガサガサと騒がしく音をたてて、餌をしています。
近くの同じ様な、雑木林には行かずに杉林にばかり寄って行きます。何を食べているんでしょうか。(?_?)無線も聞えず、気を張っていたのが途切れ、ひよどりの餌が気になって仕方ない時に、「待ち場を上げろ」の指示がありました。
帰り際、ひよどりが居てた場所に行き、落ち葉をめくりますがよく判りませんでした(´`)
集まって勢子に様子を聞くと鹿が、道に出て連れ戻し歩いていると、また鹿に当たりようやく帰って来たので、寝山を掛け直すと猪に当たりましたが、結局、待ちにも掛からず仕舞いになったそうです。帰って猪を剥かないといけませんから、浸けてある場所に回収に寄り帰りました。
それにしても、ひよどりの食べてた物が気になります(^^ゞ
IMGP1740.jpg

雄の猪でした。罠の横で、餌を食んでそのまま掛かったようです。

IMGP1741.jpg

抜きで、63kgです。サカリが、きているので痩せていましたが、その割りに脂もあり肉も柔らかく質の良い猪でしたよ。
2008/01/16(水) 19:09 | コメント:2 | トラックバック:0 |
IMGP1733.jpg

雨の予報でしたが、止んでいました。食み跡や足が、見易いです。朝のうちは、気温は、-3度と低いですが風もなく歩いていると心地良いですね。
何時ものK地区A地区のコースを、見切ります。箱罠の周辺には、足が相変らず出ていません。少し山の中に足を入れると、先週の食み跡で一面掘り返してありました。2、3日居着ていた感じですが、新しい跡がありませんから、山を移った様です。途中で、渡った子連れの足がありました。残念…(>_<)山のつながりを、辿ると他のグループと出会いましたが、犬を連れて山に入っている様子でしたから、仕方ないUターンです。その山のは、入った事がありませんでしたから、明日少し様子を見に行く予定です。箱罠でもあれば、見切りの参考になりますからね。
そのまま川を挟んだ向かいのA地区の山を、車で大きく見切りました。
IMGP1735.jpg

(見切りの途中で、見つけました。こんな所に漬けて置いたら、心無い人に持っていかれそうですね。4貫ほどの子ブタです。ナイフで、刺した後があり足に傷もありませんでしたから箱罠での捕獲でしょうね。餌が、少なくなってくると箱罠の餌につられ子ブタから入り出します。)

最近、渡りがありませんでしたが、少し古いですが、谷あいで猪の行き来があります。そのままぐるっと周り反対側の茶畑の土手に、食を見つけましたが足跡が、何処に行ったのか
つながりません。無線で、報告して次へ移動しました。
一昨日、師匠がA地区に入った足があったと聞いていました。その場所に行き山の斜面を見ると、逆に出ていました新足の様です。
この斜面の上に古い茶畑があります。小さな丘になっており小さな谷を挟んで小高い尾根に続いた地形です。尾根を境界に他県になる微妙な場所なんです。4年程前に、この小さな茶畑で寝ていた猪を取り逃がした事がありました。姿を見たんですが、民家を背にして走られ撃てず悔しい思いをした場所です。寝てるかも知れないので、尾根側にある林道を歩くと抜けた跡が尾根に続いていました(/o\)小さな寝屋山ですから条件が揃わないと寝ない様ですね。あ~(´Д`)
気を取り直し、師匠達と合流してご飯を食べながら作戦会議です。Sさんが、見切った通称「犬屋の上」をする事になりました。入り足があるのに、出た足が見つけられない様で居る可能性があるかも知れないので、掛ける事になりました。待ちは、3丁です。待ち場を決めて始めるも、無線で「あかん、寝屋どころか使ったノテがあらへん(ない)見込み薄いなぁ」それから30分で、切り上げて僕が見つけたA地区の茶畑を、見切り直して山を決めました。
この間、Sさんが三の又を転かした山です。僕の待ち場は、三の又を獲った場所です。植林の比較的、空けた山でノテが3本あり射程距離が、40m程あります。
山の中で40mだとかなり遠く感じますね(;^_^A気を取り直し、待っているとしばらくすると、無線で「犬が、いなくなったから気をつけろ」と聞いた時には、尾根を右斜め前から微かに犬の鈴が聞こえて来ました。来るかなと思い、待っていると聞こえなくなります。
15分くらいすると左前から左側の尾根づたいに鈴が一つだけ、走って行きました。
勢子から無線で「新の猪の足が出て来たから、犬走り(早立ち)しとるかもしれんぞ」との事。さっき、犬が着いて行ったのが鹿なら、僕の待ち場の後ろから出て来るかも知れません。左右180度の待ちより前後180度の待ちは辛いですね。
しばらくして、犬の行った方角が変わり勢子から「待ちを変えろ」の指示が出ました。
犬が、1匹まだ帰って来ません。ドッグマーカーのマイクからは、鳴きながら走っている様子が伺えます。犬の方向から、推測して待ちを移動しましたが、ドッグマーカーの電波が弱くなってきます。
仕方なく、犬探しになりました。1時間後に、ようやく犬を入れた場所まで自力で帰って来ました。この日は、これでお仕舞いです。
追わえて行った紀州(雑白ブチ)は、この間から獲物を咬んで猟欲がよく出て来ました。鳴きも入って良い感じです。
2008/01/15(火) 20:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明日で人生、二回目の成人式を迎えてしまいました(;^_^A
二十歳の時に、出来て四十歳で出来ない事。また、その逆の事もありますが、あの頃に戻りたい気持ちが湧かないのは、今が充実しているからなんでしょうかそれとも、忘れてしまうくらいの経験しか無かったと言う事なんでしょうかね(?_?)
そういえば、前厄にあたる年回りです(´Д`)色々あると、先輩方にビビらされていますから、ちょっぴり不安です(´`)
こないだ、厄の真っ只中の友人と話していると、厄除けに神社でご祈祷してもらうのに、けっこうな額の費用が、かかったと話していました。
その事を嫁さんに話すと
僕「厄除けのご祈祷って結構かかるらしいで」
嫁さん「拝んでもらって不幸事があったら、損やな」
僕「それは、これくらいで済んでよかったなぁって、神主さんに言わはるんとちゃうか」
嫁さん「気の物か、じゃあ身体、ブルブルって振っといたらええやん」
僕「…俺は、犬か。ブルブルって振って毛みたいに厄が取れたら世話ないな…」
嫁さん「外で、ブルブルしてや!」
僕「……」
自分の厄の時は、確か印鑑作ってたよなぁ(;一_一)
ご祈祷代くらい出せば、狩猟での他府県の鑑札が、もらえますから本厄の時は、恵方の鑑札でも取りましょうかねフン! o( ̄ ^  ̄ o)
2008/01/13(日) 21:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
去年に引き続き、今年も雪が降らないですね。( ̄~ ̄;)
凍てついた場所も少ない気がします。去年に比べて、雨の日も冬場の割りに多い気がします。今週末の天気も、雨のマークが点いてました。
見切りの時に雪だと、新足が僕の様な素人でも判りやすく師匠に胸を張って猪が居る事を言えます(^_-)雨だと、罠の周りがリセットされるので、良いんですが見切りで山に入ると雨降りの後は、べちゃべちゃになるので口閉しますね(´Д`)
まぁ、天気に左右されない達者なメンバーと良い犬が、いれば問題ないんですがね~(/o\)
それを言ちゃぁお終いですね・・・(+_+)
2008/01/12(土) 07:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんな活躍をする  がいるんですね。
ビーグルを使った鹿猟に、何度か参加させてもらった事もありますが、地面に鼻をあて鳴きながら新しい臭いをたどって行く姿を思い出しました。猟では、犬種によって鼻の使い方が違いますが、臭いを嗅ぎ分けられる本来の能力は、凄いですね。
人間には補聴器、眼鏡、入れ歯の補助機器は昔からありますが、鼻を補う器具ってないのはどうしてでしょうか?
あれば、松茸もトリュフも人で採れますし警察犬なんかも人でまかなえそうな気がしますが・・・。
でも、臭い匂いが何十倍にもなって嗅ぐのは嫌ですね(>_<)
2008/01/11(金) 08:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1666.jpg


この間、作った鹿の燻製を頂きました(^^♪
塩の抜き加減もよく桜とりんごのチップ
の香りが、良い具合です。燻製には、バーボンがあいますね。アーリータイムスで乾杯♪
2008/01/10(木) 08:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1729.jpg

お土産に、地ビールを頂きました。/(_ _)
ピルスナーでした。香りのよさよりも、苦味がつよくドイツビールのような感じでしたよ。
1L入っていましたが、あっという間に空っぽです(^^ゞ
IMGP1730.jpg

2008/01/09(水) 07:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日曜日は、土曜日に師匠達が掛けた山に居る勘定の猪が見当たらず、散々だったそうです(^o^;Nさんは、待ち場に五時間居てたらしく、「寒かったぁ」とこぼしていました。
猪も、ガルモや笹の密生した所に居ると匂いが、出にくい様で風が吹かない時は犬も判りにくく勢子が、寝屋まで犬を連れて歩きます。
里山の荒地が寝屋山になると、尾根から裾まで隈無く捜索すると、時間もかかります。先導犬が負傷中で若手の犬ばかりでは勢子が、犬を補わないと仕方ないですが連日となると勢子も大変です。
昨日、の続きを見切る様に、指示を受け朝から見切りに回りました。見つけたのは、杉林の中にこないだ、犬に噛まれながらも逃げた子猪の食みと、別の猪の桧林の少し古い食みと渡り。最後に、15貫程の新の足が深い方の山の渡りにつながっているのを見つけた程度でした( ̄~ ̄;)
今猟期は、箱罠付近や道路きわ、田んぼ等には足を出さず植林や笹の中で、稼ぐ傾向す。何故か、竹林も稼ぎは少ない気がします(竹の種類が違うのかな?)道路の渡りも最小減で、山の奥ばかりで移動しています。
見切りも終わり無線で連絡すると先週の日曜に午前中に掛けた通称「犬屋の上」に集まり見切り終えた師匠達と合流して、先週に猪か鹿に透かされた山に以前からずっと追いかけている手のひら位のデカイ入り足がありヌタ場を、使っていたのがあったそうです。
この山は、待ち場のある谷筋をはさみ東西の山が、寝山です。寝山の裾には、民家と茶畑が、あります。こないだは、西側の寝山を攻めて待ち場をかわされ逃げられましたので、今回は先週のリベンジです。!(^^)!
入り足は、東側の道路を渡っています。谷筋を切って、渡った形跡が見当たらず東側の寝山の勘定です。この植林の谷筋には、SさんとTomeが尾根と中段で待ち、入り足の方にはNさんとTさんが、入りました。この山に居れば、僕かSさんに掛かる可能性が、大きい待ち場です。待ちに着くなりSさんが、無線で「尾根に抜けた足(西側の山)があるけど、葉っぱ踏んでいるだけやから、よう判らん。」と勢子に連絡してました。一通りやり取りが、ありましたが
放犬です。
開始して、約40分音沙汰無しです。(~_~;)しばらくすると、待ち場の上から勢子が犬を呼ぶ声が聞こえてきました。居て無かった様です。攻める山を換えるので、NさんとTさんは車で西側の林道を入り北西の雑木林と杉林の谷筋に待ち場を換えて、仕切り直しです。僕らの待ちも、反対側に待ち場を換えます。
開始1時間しても、音沙汰無しです。(ーー;)僕の待ち場は、一番望み薄の待ちに換わってから、日陰の谷で吹き上げる風が集中力を下げます。
IMGP1702.jpg

2時間たっても、音沙汰無し…。
当県、南部の奥山では、懐中電灯とお弁当、ライターがなければ遭難してしまう位の所と聞いていますからそんな事を思えば、可愛いものかも知れませんが寒いです。
開始から2時間半頃に、勢子から「起きたぞ!」の無線で一気に集中力回復です。スグに尾根の向こう側で、パーン…パーンパーンと銃声がしました。無線の声は、同じ谷のSさんが喋る声しか聞こえません。しばらくすると、Sさんが、僕の待ち迄下って来ました。聞くと「転けた」との事。ホッとひと安心です。寒かったぁ(#^.^#)
引き上げに行くと、真っ黒な大猪です。
IMGP1707.jpg

IMGP1709.jpg

勢子が、北側迄行き再度、西側の寝屋まで行きた時に、犬を呼んだ声で3mほど横で起き、それに犬が追て待ちにかかったそうです。
待ち場で止めたのは、Nさんです。Nさん曰く、「凄い音がして右手から走ってきたのを、夢中で撃ったら一瞬止まり、二の矢をかけたらこっちに向かって来たので、三発目を引いたら直ぐ手前で転けた。怖かったぁ」と興奮状態です。
解体した時、判ったのは、初矢は、左前足のヘラ(肩甲骨部分)を砕いて下りしか走れなくなり、下った先のノテにNさんが居り三発目が前足と首の間、右斜めから入り、動脈に当たり転けたと思われます。使用弾はロットウェルのスラッグですが、13m前後で撃ったにも関わらず、あばら骨は無傷でした。
抜きで、113kgでした。ウチの捕獲で最高は120kg(はらわた込み)でしたからレコード更新ですね。
IMGP1721.jpg

脂も多く、肉も柔らかくて最高でしたよ。
2008/01/07(月) 18:27 | コメント:2 | トラックバック:0 |
NEC_kunsei.jpg

猟師のKさんが、鹿を燻製にすると言うので一緒に、ホームセンターに燻製器とスモークチップを、購入して来ました。
僕は、以前に小さな容器で何度か熱燻を作った事はありましたが、温燻は初めてです。燻製にする素材の下ごしらえは、肉や魚なら、自家製のソミュール液に漬けこみ塩抜き作業が、面倒です。熱燻なら、短時間で仕上がるので手間は下ごしらえだけですが、温燻のなると温度管理が重要になります。
最初、炭を使いましたが温度管理が難しく失敗でした(>_<)
二回目は、温源を電熱器にし温度計を使いましたが、燻製器の容量と電熱器のワット数が合わないのか温度管理が不十分でレアの仕上がりになりました。
今回の作製で、解ったのは
①燻製器と電熱器のバランス
②肉の厚みと燻製時間の関係
③スモークチップの分量と入れるタイミング
④温度管理です。
作る度に良くなると思いますが、要領が解るまで燻製器の前から離れません。手間暇かかる分、上手く仕上がると嬉しさもひとしおでしょうね(^.^)b
燻製器も以前より安く手軽に購入出来ますから僕も、チャレンジしてみようかな。
2008/01/06(日) 07:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
3日が、初猟でした。師匠達は、2日から出ています。2日に、2匹で犬が10貫程の猪を咬み止めしたんですが、待ち場の人が慌て犬が咬んでいるのに発砲したので、犬が猪を離してしまい獲れず仕舞いだったそうです。(~_~;)
猪を咬み止めしている時に、発砲すれば弾が貫通して犬に当る可能性がありますから、撃ったら駄目なんですが怖かったんでしょうね。(^.^)b猪を咬み止めたら、猪の毛が逆立っているのが寝れば弱ってきてますからそれから刺してても大丈夫です。もう少しでかくなると、二人居れば猪の動きを止めやすいので、楽ですがそんな時に限って中々、助っ人が来ないんですよねー(^o^;話しが、逸れました・・。
前日の様子を師匠と電話で話しをして「子猪を咬んで、勢いづいているからまた、斬られるかも知れないね」と言っていたんですが…。
3日の朝から、かけた山には鹿しか居らず待ちにも掛からず逃げられました。
食事後に、新しい足を見つけておいた次の山に移り入りました。この山は、抜ける場所が多く今までかける事が無かったのですが、最近は入り足ばかり目立ち、県道側の渡りがありませんでしたから中で留まっている可能性が大きいので掛けることになりましたが、3年ほど入っていませんから待ち場も山に入ってからの場所選びです。
寝屋になる場所は、山の中心部分の中腹から裾になる部分辺りです。とりあえず、入り足に一人置き山の反対側にSさんと僕が行きました。
師匠と久しぶりに遊びにきた木こりのAさんが、二人で勢子に入りました。山に入って寝屋付近のさこみにさしかかった所で、直ぐに、犬が猪を起こして寝屋止めしています。Aさんが尾根に上がり師匠が、中段から回り込み走った猪が見えたので、寝屋撃ちしましたが当たりませんでした。
その時に離れていたもう一匹の親犬が、寝屋鳴きしました。起きた猪は、Aさんが居たのに気付き頭と胴を倒木の陰に隠して止まってしまいAさんが、銃で狙い犬が絡んで動くのを待っていると(時間にして5秒くらい)突然、バックせずにUターンしてボサの中に入り逃走を始めました。勢子からの無線で「絡んで、二つ出た。上と裾に別れたから気を付けろ!Sさん、Tomeの方やぞ!気いつけとってよ!」
しばらくすると、桧林の尾根側で待ちを張ったSさんの銃声が2発なりました。直ぐに無線で「デカイで!落ちたぞ、裾に回れ!」の連絡があり中腹で待ちを張っていた僕は、裾付近に行きましたが、透いた桧林の向こうに民家の軒先が見えています。いくら、追われても民家づたいに走る事はありませんから、仕方なく少し登りかけた所で、もう1発銃声があり「アカン!尾根きられた!」の連絡がありました。
Sさんが、中段迄降りたところ少し下がったボサの中でジッとしていた猪に見破られ尾根に上がられ逃がしてしまいました。(>_<)
「まだ犬が付いているので、車で先回りしろ」と連絡があり、慌て山から出て車に戻り犬の無線に周波数を合わせて回り込みましたが、電波が取れず来た道をバックしたところで、県道に1匹犬が出ています。
親犬がいないので、もう一つ山の反対側に行きましたが、既に遅かった様でヌタ場でちゃかり足を冷やし、アスファルトに泥をつけて逃げられました。親犬が、抜けられた山の方から、出て来ましたから回収して身体を見ると右側わき腹を約20cm斬られています。仕方なく、終了しました。
帰ってから、縫合してやりました。幸いにも、皮を斬られただけで骨や内膜にも無事でしたから、命に別状はありませんでした。よかったよかったぁ(;^_^A
IMGP0516.jpg

2008/01/05(土) 09:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
31日は、師匠が里帰りしますので例年は正月明けの見切りを兼ねて、罠の近くを見て回るんですが今年は、先輩猟師のKさんに誘われKさんの猟場でのハウンド犬を使った、追い山猟の見学に行って来ました。
朝4時半に自宅を出発しました。Kさんの車で、猟場まで行きます。
猟場に着き、Kさんの猟友の方と合流し早速、食み捜しです。竹の子をよく食んでいますから竹やぶを、中心に見切りをしていたら猟友の方が溝にハマってしまいました。出そうで中々、脱出出来ず約1時間後にようやく救出成功し、気を取り直し見切りの再開です。
IMGP1686.jpg

出入りの足を見つけると、Kさんはハウンド犬を出して足を嗅がせると犬の反応が、変わりました。Kさん曰く、「新(さら)足やな」ハウンドならではの見切り方の様です。
大物猟は、和犬しか知らなかったので、ふーんと感心です。
食事の後、この足を、追う事になりました。ホントは、一番良い親犬を放す予定でしたが前日の最終に猪に突かれ怪我をしてしまいKさんの2番犬と師弟のTADAさんの犬を放す事になりました。
新足から臭いを取って放犬します。和犬なら寝屋の近くまで勢子が、連れて行きますが入り足が、判れば楽チンですね。その後、Kさんに付いて尾根まで上がる途中でヌタ場を見つけました。よく使っていますし、近くに見える足も新しく見えると思ったら罠で獲った跡がありました。
IMGP1687.jpg

後で、TADAさんが言ってましたが地元の猟師が今朝獲ったそうです・・。
尾根まで上がると山の様子が、よく判りますね。
IMGP1688.jpg

雑木林が多く餌も豊富そうです。山の高さも、僕が通っている地域よりも高さもあり登った時の達成感もあり気持ちが良いでしたよ。
しばらくすると、「ウォーーウォーー」とハウンド特有の野太い鳴き声が、山に響きわたります。親犬は、追い鳴きが切れることなく追い続けるそうです。2番犬には、その部分が弱いらしいです。裾で啼いていましたが、尾根付近まで登って来ました。TADAさんが、いる方向ですが鉄砲は、鳴りません。啼いて行った方向へ行くとヌタ場があります。
IMGP1689.jpg
使いたてで、濁っています。くっきりデカイ鹿の足が、ありました。やはり、猪は獲られてしまい今日は残ってなかったようですね。
その後も、追いついては「ウォー」の鳴き声が裾で移動しながら聞こえますが、追っていく方角が待ち場の反対方向ですから仕方なく終了しました。車に乗り無線で方角を確かめ、追って行くと和犬では、考えられない所で見つけました。Kさん曰く「これくらい普通やで」だって・・。
犬は田んぼを走っていたのを、捕まえました。鹿の足を見ると、川を渡って同じ場所を戻り匂いを惑わせられたようでクルクルしていたようですね。
ハウンドでは、最終の待ちが判ればそこで待てば獲れるそうですが見切ってからの山の囲い方の違いにも感心しますね。
その後、少し時間もあり流し猟に連れて行ってもらいました。
植林の桧に熊避け用にビニールテープが、有効らしく沢山まいてありましたよ。標高が、高い山で、土の斜面もあるに雑木林が多いのは自然が豊かな証拠でしょうね。当県では、岩場以外は、殆ど植林ですからスケールが違いますね。
走行距離は、約350Km家からだと420Kmの走行距離でした。
年末最終に、良い思い出が作れ楽しかったです。ありがとうございました。
2008/01/04(金) 08:28 | コメント:2 | トラックバック:0 |
IMGP1681.jpg

30日は、朝から雨でした。足が、見えない状態です。2,3日古いですが、竹の子を食みに来ている場所を、見つけました。道路を渡った形跡が、ありませんので山の中を小さく見切ることになり寝屋を囲う様に足を、捜したところ新しく見える足を拾いました。
待ち場を、考えながら皆と集合し遅れて来たSさんも加わり待ち場は、3丁です。
手配しながら待ち場に落ち着き、勢子からの無線では寝屋が沢山あるとの事ですが、新しいのが見つからないので一つ山を変えてみると連絡がありました。それでも結局、空だったようです。残念!

昼から、山を変えました。この間、僕が猪を獲った山です。
待ちに入ってしばらくすると雪が、降りだし少しですが積もりました。
IMGP1683.jpg

天気予報では、寒くなり雪の影響が交通機関に支障をきたす様な事を言っていましたが、これだけしか降りませんでしたね。
犬が、里に下りたので捕まえに行くように無線連絡が入り待ちを離れた時に、待ち場と待ち場の間に留まっていた鹿が、走りましたが撃てず仕舞いで終了です。
上手くいきませんねぇ(;一_一)
2008/01/03(木) 08:42 | コメント:0 | トラックバック:0 |
脂の載ったブリでお鍋です。
少し湯を通すとまた違った、食感で美味しいですね。
肉よりも魚のしゃぶしゃぶが、いいですね。
IMGP1664.jpg

IMGP1665.jpg
2008/01/02(水) 09:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1695.jpg


師匠の奥さんの手作りサンマ鮨です。
脂の乗ったサンマと酢飯の間に、細かく刻んだ柚子がありスッキリした美味しいお寿司です。
うまかった~(#^.^#)
2008/01/01(火) 08:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
IMGP1694.jpg


31日は、出猟していましたのでアップ出来ませんでした(~_~;)
豪華にできたので、アップしてと嫁さんからの要請を受けてのカキコです。
海老天、にしん、揚げ餅、かまぼこ入りです。
出汁は、澄んだカツオだしですよ。
2008/01/01(火) 08:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年で、いよいよ四十路に突入します。人生では五合目辺りになるんでしょうか。
前厄でもあり、体調の変化も出てくるみたいですから暴飲も避け、体力の維持にもしっかりと取り組まないと怪我をすると、いっそう長引くでしょうね。(>_<)
幸い、知り合いのには、先輩が多いので「どんな生活をすれば、あんな風になる」生きたお手本が、たくさん居られますから尊敬出来るところは見習らいたいです。
三十代の10年は、色々な人に出逢い色々な体験もして、教えられる事ばかりでした。五十才迄の10年の過ごし方も、目標を持ち良い年の取り方が出来るようにしたいです。
海千山千のタヌキ親父には、ならない様に気を付けます(^^ゞ
2008/01/01(火) 07:43 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。