プロフィール

Tome

Author:Tome
まいどです。
ほぉ~なモノを紹介したいと思います。

Tome's 掲示板

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
先週末は、ひさびさの三連休でした。金曜日連休初日は、銃砲店の業務をこなして晩に犬の世話を終えて部屋に引きこもり土曜日の今年最後の標的射撃会の参加と猟期中の弾頭を決めるのにようやく装弾の作製に取りかかりました。
今回は、308winにHodgdonH4895を38gr詰めて三種類の125gr弾頭で一番まとまるものを、探すのが、目的です。本来の集弾率の探し方とは違いますが、銃口の初速を7.62-39と同じようにしたかったからです。
猟法は、変わりませんから出来るだけ現状を維持した猟がしたいのです。
弾頭は、ノスラーのSPシエラSPとHPの三種類です
レストして撃ちましたが、重量の軽い銃ですから減装弾でもレストすると、6発撃ったら嫌になってきました。
引き金は重いので、撃った瞬間に「あっ」と思う事も多くずいぶんいい加減なデータです(苦笑)
ノスラーは、初速をもっと上げてやれば、良い結果になりそうですね。
集弾率からしたらシエラの二種類の方がよく似た結果でしたから、実猟で、それぞれの弾頭を体内から取り出した時点で、信頼出来る弾頭に決めようと思います。
射撃場では僕のBLRを見かけた犬持ちの方から思った関心が高く質問を受けました。

静止射撃の会ですが、2回目の参加になりますが、立射で50mの射撃講習の教習射撃用的紙の黒点内に7割程度、入るようになりましたがまだ、まとまりがありません(泣)練習あるのみです。
日曜日は、引き金の落とし方を、教えてもらいまたした。なるほどね~です。
ライフルを持つまで、静止標的の何が面白いんだろうと思っていましたが、難しいですねー。意地になります(笑)

猟では、止めてくれてる獲物を1発で仕留められるように、少しは上手にならないとあきませんから、射撃会も真剣です。

スポンサーサイト
2012/11/05(月) 20:46 | コメント:2 | トラックバック:0 |
雷管の装着する工程でも、トラブりました。(泣)
格安ハンドロード用品メーカーS社のハンドプライミングを購入しましたが、精度が粗雑で自分で再加工したものの、上手く作動しなくて結局、プレスのプライミングを利用して装着しました(*_*)安物買いの銭失いでした(T_T)

ともかく、ハンドプラマーがないと作業に時間がかかりますから、しっかりしたモノを購入しないといけなくなりホナディ社のハンドプレスを再購入。使いやすく壊れそうな部品はなさそうです。

2012/09/05(水) 05:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
この工程で、大失敗し時間が、かかりました。(汗)中古のダイスが2セットも付いていたんですが、箱のラベルにダイスの数量が「3」と「2」とありました。
中身は「3」の方には、ネックダイが、収まっているはずですが、まん中に有ったのは、トリムダイです。トリムダイの上部が削れていたのでケースが伸びた分を、コレで調整していたのかなと思っていました。端っこにあるフルレングスのダイと思い込み、プレスにセットし調整後、ケースの整形をかけました。最初は、弾頭無しで行いましたが、どうもしっくりしなくて薬室に入りきらないので、「?」と思いながら弾頭を着けてダミーを作りボルトが閉まる丁度よい個所でダイの設定をしましたが、同じ設定で整形しているハズなのに入るケースと時々入らないケースがあります。
ネックの高さが間違ったのかと少しずつ締め込みながら薬莢をサイジングしても入りません。ロッドの調整?かと思い基準値から少しずつ締め込みながら繰り返し整形しますが同じです。新品薬莢と寸法が違うのかと計測して
もマイクロメーターが無いので、正確な寸法が判りませんでした。
薬莢を眺めていると薬莢のヘッド部分に薬室に引っかかって止まっている箇所にスジが入っています。この時点でヘッドスペースが悪くて入らないと思い込んでいたのですが、どうもケースのヘッド部分が絞り込めていない事に気づきました。
まさか、ダイが摩耗したのかと思い308winのフルレングスのロッドを外して整形したらやはり最後の所で引っかかります。整形して薬室に入れるとフツーに装填出来ました。
ふと、7mm-08のダイの表記を見るとneckの刻印が‥‥フルレングスと思い込んでいたのでまさかずっとネックダイで整形していたとは、思いもよらずめちゃくちゃ遠回りしました。(;´Д`)
どうもトリムダイでフルをかけ、ケースが膨れるまでネックダイ整形されてたようです。しかし、トリムダイでは、フルはかけれないので、新しく購入しました。因みに、「2」の方に入っていたダイもネックダイとシーティングダイでした??です。前オーナーは、ハンドロードを理解してなかったようですから、初代オーナーから教えてもらってなかったんでしょうか?2

セット分のフルレングスのダイは、何処に?
ハンドロードの経験値がなく、思い込みでの失敗でした。全ての安全行動の基本の「確認」が、ぶっ飛んでたのは恥ずかしい事です。(苦笑)

2012/08/27(月) 23:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アニーリング工程です。
ネックの焼き戻し作業ですが、僕の周りの人達で、この工程をしない人が多いです。
ライフルを知人から譲り受ける理由が、大量の弾頭と薬莢付きだったからですが、薬莢の大半がネックが切れた物でした。
わざわざ、ケースにしまい込んで持っていたので、まさか使えない薬莢とは思いませんでしたが‥良い教訓が出来ました(笑)
使い古しの薬莢を見ると、かなりのスピードで撃っていた様です。なので、アニーリング工程を行ってみました。焼き戻し温度が決まってますが、温度管理が出来ないので赤くなったらOkですが、赤くなるまでの時間は短い方が良いですしネック周りだけが理想的です。
市販のカセットコンロのガスを使用するバーナーだと、ハイカロリーで一気にいかないと全体が、なまってしまいます(>_<)アニーリングしたのとしないのでは、最終の弾頭を、取り付ける時の抵抗感が変わりますから、発射時のプレッシャーが変わるのが理解出来ます。
この後の火薬の装填でわずかな誤差を気にするよりこちらの方が、大切な気がしました。
僕の場合、集弾率を上げたければ、ファクトリー弾の方が絶対有利だと思っています。

この記事読んで鵜呑みにしないで下さいね(笑)
2012/08/12(日) 19:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ハンドロードの必要性が出てきたので、初めてリロードしてみました。
キットで購入すれば割安で最低限必要なモノが揃っていますが、使わない工具を頂いたり各メーカーの気になる工具を単品で買ったので、各工程で手こずってしまいました。そのあたりを記事にしてみます(^^ゞ
時間が取れないのと一気にしてしまうと失敗しそうなので、1日1工程でやってみました。
デキャピング工程
普通は、サイジングダイで雷管を抜くのとボディの成形を一度に行うみたいですが、使用2回目以降の保管の仕方を考えて、雷管のみ抜く工程を作りました。
いざ、デキャピングのダイを購入する時にカタログにダイ本体と各サイズのロッドに分けられ載ってました。サイズを確認して買って届いた物を見たらロックナットがありません( ・_・;)無くてもOKなのか、梱包ミスなのか解りませんでしたが、錆だらけで使えないダイスから部品を取り外して取り付けました。
で、どのくらいシャフトの先が、出てたらいいのか?実は、ダイスは全て戴き物で使いもしないで、イジリまわしたみたいでロッドの長さがバラバラでした‥。
メーカーのサイトで、マニュアルを見つけ調整しましたが、此処までで随分時間がかかりました。
時間も無いですが、お金はもっと無いので仕方ないですね(苦笑)
雷管を外す作業は、あっと言う間に終了です。

2012/08/11(土) 20:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。